貸切パーティで失敗するケース

貸切パーティで失敗するケース

せっかくパーティを盛り上げるために、
バーを貸切にして、貸切パーティを行ったのに、失敗してしまった。
そんな経験がある人もいるでしょう。

 

では、その失敗の原因は何だったのでしょうか?

 

例えば貸切パーティの目的が、
結婚式の二次会というケースはよくある事です。
ホテルで二次会をするよりも、
アットホームな雰囲気で自由に二次会を行う事が可能だと言えるでしょう。

 

ただ、結婚式の二次会でよくあるケースが、
主役の友達という共通項しかない事です。
つまり、参加メンバーが、新郎の男友達と、新婦の女友達とに、
それぞれきっぱり分かれてしまう事です。
確かに初対面なので、いきなり仲良くするのは難しいかもしれません。
しかしだからこそ、パーティの進行で、一緒にゲームをするなど、
距離を縮める企画が必要なのです。
横浜にある人気の居酒屋 個室利用がオススメです

 

また幹事は、貸切パーティを成功させようと、
事前準備を張り切るかもしれません。
しかし、準備に手間がかかりすぎると、
幹事の負担は大きくなってしまいます。

 

会社の接待であれば、仕事の一環ですが、
プライベートの集まりの幹事は仕事ではありません。
準備が大変にならないように、スタッフや友達の手も借りて、
みんなが楽しめるパーティにしましょう。

 

そして忘れてはいけないのは、
結婚式の二次会の主役は新郎新婦だという事です。
そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、
幹事が主役よりも目立ってしまっていたら、失敗です。
幹事は影の立役者的な存在として、
出しゃばらずに控える事が大切です。

 

特に結婚式の二次会などは、
思い出に残るような、楽しいパーティにしたいですよね。
失敗のケースを知り、実際に自分が幹事になった時には、
失敗しないように頑張って下さい。