ショットバーで楽しく過ごす

ショットバーで楽しく過ごす

お酒を飲む場所として、日本では昔から居酒屋が親しまれてきました。
近年では、居酒屋の多様化が進んでおり、大衆的なものから個室を兼ね備えているところなど、
顧客を獲得するために様々な努力がなされています。
明治維新後の文明開化によって、
それまで閉鎖的だった日本の酒文化にも海外からの流入が起きたのです。
その1つがバーになります。

 

バーといえば、オシャレにお酒を飲む場所だから、大勢でワイワイ騒ぐのはマナー違反。
そんな先入観を持っていませんか?
居酒屋の多様化とともに、バーにも様々な形態が現れています。
ショットバーがその筆頭といえるでしょう。
ショットバーとは、グラス単位で手軽にお酒を注文出来るバーのことをいいます。
ボトルで注文しなくても良いため、
色々なお酒を飲み比べてみたいという方にオススメのバーです。
ヨーロッパでは昔から、食事の前にバーでお酒を飲み
食欲を促進させてからディナーに向かうアペリティフという文化が存在しました。
その際には、ショートドリンクという類のカクテルが好まれます。
アルコール度数が高めで、量が少ないショートドリンクを飲むことで、適度にお腹や脳が刺激されます。
その結果より料理を美味しく、たくさん食べられるという報告がアメリカの大学から出されたのです。
ショットバーで色々な種類のカクテルを飲み比べたいなら、
サッと飲めるショートドリンクがオススメです。
最近のショットバーは、料理の充実や貸し切りサービスを行っているところもあるので、
仲間たちと楽しい時間を過ごしたいときに利用してみましょう。