貸切パーティのメリットとデメリット

貸切パーティのメリットとデメリット

外国では、ホームパーティは頻繁に行われています。

 

しかし日本では、芸能人や一部のセレブな人達しか、
ホームパーティは行いません。
それは日本の住宅事情も、関係しているかもしれません。

 

ですが、それだけが原因なら、
場所を自宅に限定する必要はありませんから、
バーやレストランを貸し切ってパーティを行う事は可能なはずです。

 

最近では結婚式の二次会のパーティを、
お店で貸切パーティにするケースは増えつつあります。

 

ですが、もっと気軽にパーティに利用するという状況ではありません。
その理由は、コストがかかる、希望のエリアで見つからない、
貸切の条件に合わない、幹事の負担が大きすぎる。
など様々な理由が挙げられます。

 

ですが、貸切パーティは、
デメリットだけではなく、メリットもいろいろあるのです。

 

人の目を気にせずに、自分達が楽しむ事が出来る。
特に小さい子供がいる場合などは、貸切をするといいでしょう。

 

また企画やイベントなど、普通の個室の飲み会では、
出来ない自由な演出をする事ができます。

 

規模は10人などの少人数のパーティから、
200人を超す大人数のパーティまで行う事が可能です。

 

コストがかかるというイメージがあるかもしれませんが、
お店を選ぶ事で1人あたり2000円以下でパーティする事も可能です。
そうすれば、普通に居酒屋を利用するよりも、コストはかかりません。

 

エリアに関しては、お店選びが充実しているのは、都心部だけで、
地方ではなかなか難しいのが現状です。

 

ですが、日本にもっと気軽にパーティを楽しむ土台ができれば、
もっと地方でも貸切パーティに利用できるお店が増えるでしょう。
 

関連ページ

貸切パーティの幹事マニュアル
貸切パーティの幹事マニュアル
貸切パーティの目的は?
貸切パーティの目的は?
貸切パーティで失敗するケース
貸切パーティで失敗するケース
バーでカクテルパーティーを楽しむ
バーでカクテルパーティーを楽しむ